ゼンリンデータコムの新サービス「tabico」に当社の観光地解析データが採用されました


SNS上の場所や店舗に関わるロケーションデータの解析とデータプロダクト提供を行っている株式会社ナイトレイ(東京都目黒区、代表取締役 石川豊)は、株式会社ゼンリンデータコム(東京都港区東新橋、代表取締役社長:清水 辰彦)が本日から正式公開した旅行情報サイト「tabico(タビコ)」に対して、観光地解析データの提供を開始致しました。

「tabico」は、「おどろくほど、日本にときめいた。」をテーマに日本中の魅力的な観光情報を掲載する無料サービスです。

当社ナイトレイが解析し保有しているデータベースを利用することで、地域ごとの消費者動向、周遊傾向、発信されているクチコミ等からタイムリーに観光地の施設ごとに人気度を判定することが可能です。「tabico」では特にスポット毎の人気度データを導入することにより、サイト内での「スポット情報の表示優先度調整(キュレーション)」や「地域ごとのスポットランキング生成」などのUI/UX向上に寄与することから採用が決定しました。

・tabico サイトURL
http://trip.its-mo.com

・ゼンリンデータコムのプレスリリース
http://www.zenrin-datacom.net/newsrelease/20140416_01.html

tabico1

■株式会社ゼンリンデータコムについて (http://www.zenrin-datacom.net/
会社名:株式会社ゼンリンデータコム
本社:東京都港区東新橋1-6-1 日本テレビタワー21F
代表者:代表取締役社長清水 辰彦
設立:2000年4月13日
資本金:2,283,010千円(2014年4月1日現在)
従業員数:249名(2014年4月1日現在)
事業内容:
・ネットナビ事業 通信対応ナビを含む情報端末への地図情報および付加価値情報の提供サービス
・Web-GIS事業法人に対する地図をベースとした付加価値情報サービス
・拠点案内事業 WEB上での拠点案内サービス、モバイル端末への地図サービス

■株式会社ナイトレイについて (http://nightley.jp
ナイトレイ(東京都目黒区、代表取締役:石川豊)では、場所や店舗の情報に特化した独自のソーシャルメディア解析エンジンの開発と「ナイトレイGISメッシュデータ(http://tool.nightley.jp/gis-demo/)」等のデータソリューションを提供し、ロケーション×ソーシャルの分野で独自のビッグデータとその活用ノウハウを保有しているスタートアップです。
これまでには静岡県や横浜市の観光イベントや野外音楽フェスのイベント効果分析、商業施設の店舗開発やリスク検知、都市計画に関わる解析データ提供・分析サポートなど様々な領域においてデータ活用をサポートしています。

■お問い合わせ先
株式会社ナイトレイ
Mail:info(アットマーク)nightley.jp
担当:石川、谷杉