アーバンデータチャレンジ2014のキックオフイベントに弊社代表が登壇


2014年6月23日(月)、東京大学空間情報科学研究センター(CSIS)にて開催された『アーバンデータチャレンジ2014 キックオフ・イベント「地域課題解決に向けたサステナブルな社会基盤情報の流通とUDCの地域展開を考える」』に弊社代表石川が登壇しました。

イベントでは静岡県×山梨県×ナイトレイの官民連携によるオープンデータ活用事例として「富岳3776景」を紹介させていただきました。
イベントでは各地域からオープンデータの公開や活用を積極的に進める自治体や、公開されているオープンデータを使ったサービス、アプリケーションの開発を行なっているチームや企業、それらをサポートする企業など多くの方々が参加されており、2014年も更にオープンデータやビッグデータの活用が進みそうだと予感させるイベントでした。

当社としては、既に公開してる「富岳3776景」の運営やアップデートを行いながら、行政やビジネスにおけるオープンデータ戦略の分野でも「データの分析・利活用」についてサポートをしていきます。

【イベントの詳細】
http://i.csis.u-tokyo.ac.jp/news/20140623/
http://aigid.jp/?cat=6

ナイトレイ代表石川が登壇

20140623 富岳3776景事例紹介 ナイトレイ@アーバンデータチャレンジ2014 from Yutaka Ishikawa