東京大学CSISとの研究活動成果としてSNS解析データを元とした「疑似人流データ」を無料公開


ナイトレイでは、東京大学空間情報科学研究センター(CSIS)の柴崎・関本研究室、マイクロジオデータ研究会と共同で進めていた研究活動の成果として、「疑似人流データ」を本日から無料で公開致します。

「疑似人流データ」では、当社が保有するSNSベースの地域解析結果(地域ごと人気施設、生活者の行動傾向等)を参考に、正確な道路ネットワークデータによる移動経路の補完や統計処理・独自の推定処理、ランダム化処理を行うことで、東京近郊(首都圏)の大まかな人の流れをオープンなCSVデータとして公開するという取り組みです。

擬似人流データ首都圏版_ビジュアライズ例

これによって当社のSNS解析技術のPRを行うと共に、これまでは一部の企業内部や学術研究・公益用途の申請ベースでしか利用することができなかった人の流れデータ、マイクロジオデータと呼ばれる大量の地理空間データについて、学習機会や活用機会、他のビッグデータやBIツールなどとのマッシュアップなどの機会を提供していければと考えております。

このデータは推測値を多く含んでいる点を考慮しても、以下のような様々な利用用途が想定できます。

・人の流れを分析することで、地域課題を解決したい
・人の流れを分析することで、売上を上げる方法を検討したい
・人の流れを分析することで、これまでの調査コストを下げたい
・人の流れを分析することで、既存の分析データを検証・補完したい
・人の流れを分析することで、クライアントへのマーケティング提案を行いたい
・ビッグデータ分析等の学習用途として、人の流れデータを利用したい
・カープローブやパーソントリップデータの代替データ・補完データとして利用したい
・オープンデータとして利用したい

価格は無料で、ライセンスはCC BYとしており、原作者クレジット表示を条件に営利目的での二次利用や改変も可能としますので自由にお使いいただけます。

※経路補完については東京大学柴崎・関本研究室 金杉洋氏(人の流れプロジェクト)の協力のもと、動線解析プラットフォームWebAPIを利用しています
※擬似人流データの表示や加工は、同じく東京大学柴崎・関本研究室 上山氏により開発された人流データに特化したデータビジュアライズツール「Mobmap」を推奨致します

また、この活動の第一弾として6/27(金)にFOSS4G北海道というGIS関連イベントで開催した「人流データ活用ワークショップ」が好評でしたので、引き続き首都圏以外のデータの整備やワークショップの開催、イベントでのPRなどの活動も行う予定です。

 

【Mobmapを利用した擬似人流データの分析、ビジュアライズ例】

 

【CSVデータ概要】
実データ:人々が訪れる場所や施設、時間帯(SNSベース)、道路ネットワーク
推定データ:移動経路、居住地、勤務地、滞在時間、性別、滞在中何をしているか(買い物やレジャーなど)
含まれないデータ:鉄道経路、個人を特定する情報、滞在施設名
エリア:東京近郊(首都圏)
対象時期:2013年7月(7/1, 7/7)、10月(10/7, 10/13)、12月(12/16, 12/22)
時間単位:5分毎(24時間分)
測地系:WGS84(EPSG:4326)
レコード数:各csvファイルで約70,000件
ファイルサイズ:約100MB

 

【ファイル構成】
1.疑似人流データ(csv形式)
—————カラム構成——————–
1行目:ユーザー ID
2行目:性別(推定値) ※文字列型
3行目:日付・時刻
4行目:緯度
5行目:経度
6行目:滞在者カテゴリ(大分類) ※文字列型
7行目:滞在者カテゴリ(小分類) ※文字列型
8行目:状態(滞在or移動) ※文字列型
9行目:滞在者カテゴリID(6行目に対応)

※Mobmapでは文字列型は自動認識されません。ご注意ください。
——————————————-
2.滞在者カテゴリリスト(疑似人流データの滞在カテゴリの詳細、csv形式)
3.README.txt

 

【データの利用方法】
1.以下より擬似人流データファイルをダウンロード
2.ダウンロードしたzipファイルを解凍
3.MobmapをGoogle Chromeからダウンロードしてインストール
4.解凍したcsvファイルをMobmapにインポートしてビジュアライズ
※詳しくはFOSS4G北海道ハンズオン「Mobmap 人流データ解析入門」資料をご覧下さい。 https://sites.google.com/site/foss4ghokkaido/home/handson

【ダウンロード方法】
以下のリンクからダウンロード可能です。
疑似人流データのダウンロード

【ライセンスについて】
疑似人流データはクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

【クレジット】
株式会社ナイトレイ
東京大学 柴崎・関本研究室
マイクロジオデータ研究会
人の流れプロジェクト
東京大学空間情報科学研究センター

 

【関連リンク】

東京大学 柴崎・関本研究室
http://shiba.iis.u-tokyo.ac.jp

マイクロジオデータ研究会
http://geodata.csis.u-tokyo.ac.jp/mgd/

FOSS4G 北海道 ハンズオンデイ「Mobmap 人流データ解析入門」
https://sites.google.com/site/foss4ghokkaido/home/handson

FOSS4G 北海道 ハンズオンデイ「Mobmap 人流データ解析入門」 講演資料
https://sites.google.com/site/foss4ghokkaido/home/handson

Mobmap for Chrome
http://shiba.iis.u-tokyo.ac.jp/member/ueyama/mm

東京大学空間情報科学研究センター「人の流れプロジェクト」と「動線解析プラットフォーム WebAPI」
http://pflow.csis.u-tokyo.ac.jp/index-j.html
http://pflow.csis.u-tokyo.ac.jp/platform.html

【お問い合わせ先】
info(at)nightley.jp
担当:石川、古川

 

SNS-based People Flow Data is now available for free download.
This data is produced as result of research activities with Nightley and Center for Spatial Information Science at the University of Tokyo (CSIS).

 

[Summary of CSV data]
Surveyed value: POI, Timestamp (SNS post), The road network.
Estimate value: Movement courses, A place of residence, Work location, Stay time, Gender, What he do during a stay (including shopping and the leisure).
Data not to be included: Railroad course, Information to identify an individual, Stay facilities.
Area: Tokyo Metropolitan Area
Target time: July, 2013 (7/1, 7/7), October (10/7, 10/13), December (12/16, 12/22)
A time unit: As for every five minutes (for 24 hours)
Geodetic datum: WGS84 (EPSG:4326)
Records: It is approximately 70,000 cases with each csv file
File size: Approximately 100MB

 

[File constitution]
1. SNS-based People Flow Data(csv)
―――――――――――Column constitution―――――――――――
1st. User ID
2nd. Gender (estimate) *string
3rd. Timestamp
4th. Latitude
5th. Longitude
6th. Place category (main) *String
7th. Place category (sub) *String
8th. State (stay or movement) *String
9th. Place category ID (Correspond to the sixth line)
*String is not recognized automatically in Mobmap. Please be careful,
――――――――――――――――――――――

2. List of Place categories (The details of the stay category of SNS-based People Flow Data, csv)

3. README.txt

 

[The proper way to use SNS-based People Flow Data]
1. Please download SNS-based People Flow Data file than the following.
2. Unzip a download file.
3. Download Mobmap from Google Chrome and install it.
4. Import the csv file in Mobmap; and visualize.

*Specifically, look at an FOSS4G Hokkaido hands on “Introduction to person from Mobmap People Flow Data analysis” document.
https://sites.google.com/site/foss4ghokkaido/home/handson

 

[Download]
If you want SNS-based People Flow Data files, please download from the below link.
Get Spuriously SNS-based People Flow Data files.
Download

 

[License]
SNS-based People Flow Data is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Creative Commons License

 

[Attribute work to name]
Nightley, Inc.
Shibasaki & Sekimoto Laboratory, the University of Tokyo
Micro Geo Data Forum
People Flow project
Center for Spatial Information Science at the University of Tokyo

 

[External links]
Shibasaki & Sekimoto Laboratory, the University of Tokyo
http://shiba.iis.u-tokyo.ac.jp

Micro Geo Data Forum
http://geodata.csis.u-tokyo.ac.jp/mgd/

FOSS4G Hokkaido hands on“Introduction to person from Mobmap People Flow Data analysis”.
https://sites.google.com/site/foss4ghokkaido/home/handson

FOSS4G Hokkaido hands on“Introduction to person from Mobmap People Flow Data analysis” document.
http://www.slideshare.net/hiroakisengoku/mobmap-handson2014

Mobmap for Chrome.
http://shiba.iis.u-tokyo.ac.jp/member/ueyama/mm

Center for Spatial Information Science at the University of Tokyo “People Flow Project” and “People Flow Analysis Platform”.
http://pflow.csis.u-tokyo.ac.jp/index-j.html
http://pflow.csis.u-tokyo.ac.jp/platform.html

 

[Contact]
info(at)nightley.jp
Ishikawa, Furukawa

最終更新日:2014/8/8
Last updated: Aug, 8, 2014