inbound insightがウイングアーク1stの第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery」に採用


株式会社ナイトレイ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:石川 豊)は、ビジネスインテリジェンスツール大手のウイングアーク1st株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:内野弘幸)が、同社が運営する第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery」のラインナップに、訪日外国人の位置・移動情報に特化したSNS解析サービス「inbound insight」の解析結果データを加え、8月3日(月)より販売を開始することをお知らせします。

2014年の訪日外国人数は過去最多の1,341万4千人(推計値)※1で、初めて1千万人を超えた前年より29.4%増と、2010年以降純増傾向をたどっています。円安の追い風に加え、アジア諸国のビザ緩和や免税品目の拡大などが貢献しているものと考えられます。実際に、国土交通省観光庁「訪日外国人消費動向調査」※2によると、昨年度の訪日外国人の消費総額は、前年比43.1%増の2兆278億円と推計されており、2020年までにさらなる訪日外国人数およびその消費増加が見込まれます。このため、訪日外国人向けビジネスを支援するためのインバウンドマーケティング手法が脚光を浴びています。

2015年7月3日からナイトレイが開始した「inbound insight」では、訪日外国人の位置・移動情報に特化した解析結果データの提供も対応しており、ウイングアーク1stが運営する「3rd Party Data Gallery」のラインナップの一つとしても提供されるようになります。
それにより、ウイングアーク1stが提供する「3rd Party Data Gallery」の利用者は、SNSの投稿日時や緯度経度情報、推定国籍等の情報から、訪日外国人(国籍:中国、香港、台湾、韓国、タイ)の観光における行動を把握し、マーケティング戦略に活かすことが可能になります。

第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery」について

第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery」は、セールス&マーケティング領域などで求められる人口統計データや事業者データ、気象履歴データ、その他各種調査統計データなどの「第三者データ」を提供し、企業の情報活用を支援するサービスです。
http://www.wingarc.com/service/dg/

「inbound insight(インバウンドインサイト)」について

「inbound insight」 は、ナイトレイが運営する訪日外国人の位置・移動情報に特化したSNS解析サービスです。Twitter等のSNS上に公開されている投稿内容を大規模にリアルタイム解析することで、行動場所やクチコミ・国籍・性別・移動経路などをデータベース化し、ASP型分析ツールと解析結果データとして提供しています。このサービスにより、これまで把握することが難しかった訪日外国人観光客の行動傾向や嗜好性を明らかにし、日本中のインバウンド関連ビジネスやインバウンド向けの小売・観光業・地域活性化などを含めたマーケティング・ビジネス戦略策定をビッグデータの提供と解析で強力にサポートします。
http://inbound.nightley.jp/

訪日外国観光客の行動目線

訪日外国観光客の行動目線

訪日外国人観光客 国籍別の訪問都道府県

訪日外国人観光客 国籍別の訪問都道府県

ウイングアーク1stのプレスリリース

ナイトレイの訪日外国人の位置・移動情報に特化したSNS解析サービス「inbound insight(インバウンドインサイト)」のデータを提供
http://www.wingarc.com/public/detail.php?id=674

※1 引用文献:日本政府観光局「年別 訪日外客数、出国日本人数の推移(1964年-2014年)」
※2 引用文献:国土交通省観光庁「訪日外国人消費動向調査 2014年 年間値」

<お問い合わせ先>
株式会社ナイトレイ
E-mail:info@nightley.jp
担当:石川

inbound insightの記事一覧