「inbound insight(インバウンドインサイト)」のルート表示機能をアップデートしました


2015年12月24日にアップデートされた「inbound insight(インバウンドインサイト)」のルート表示機能をご紹介します。

これまでのルート表示機能は、訪日外国人観光客の移動を俯瞰する機能でしたが、今回のアップデートにより、訪日外国人観光客の移動経路をさらに詳細に把握する事ができるようになりました。


スクリーンショット 2015-12-22 10.30.16

ルート表示機能の使い方

アップデートされたルート表示機能では、訪日外国人観光客の個別の動きを見ることができます。
まず、赤枠の「ルート表示」ボタンのチェックボックスをクリックして下さい。
赤枠の中の左が全体、右が個別のルート表示ですので、右のラジオボタンをクリックします。

スクリーンショット 2015-12-22 10.13.44

右上のルート表示ボタンのチェックボックスをクリック

例えばこの中国人観光客は、東京や横浜、山梨、大阪、京都、三重に訪問しています。
以下の7つのイメージを見てこの観光客の移動経路を見ていきましょう。

スクリーンショット 2015-12-22 10.30.16

東京、横浜、山梨、大阪、京都、三重の順に日本を観光

スクリーンショット 2015-12-22 10.41.01

12月7日、午前0時に東京到着後、車で横浜に向かっています。

スクリーンショット 2015-12-22 18.19.35

12月7日の18時には、東京に帰ってきてホテルコムズ銀座でクリスマスに関する投稿をしています。

スクリーンショット 2015-12-22 18.33.33

12月8日は、1日かけて中央区、渋谷区、千代田区、江東区を観光。秋葉原では「オタク」に関して投稿しています。

スクリーンショット 2015-12-22 10.50.54

12月9日、富士山5合目に訪れました。

スクリーンショット 2015-12-22 10.58.26

12月10日は大阪城と京都の西本願寺を巡っています。大阪城の「美しさ」を投稿でアピールしています。

スクリーンショット 2015-12-22 18.36.32

12月11日、三重県の伊勢神宮にある宇治橋を訪れた時の写真を投稿しています。

投稿された日付順に投稿を見ることで、訪日外国人観光客の個別の訪日期間、訪日場所、移動経路を確認することができました。

これまでのルート表示機能では、訪日外国人観光客全体の大まかな動きしか確認できませんでしたが、今回の新機能追加により、訪日外国人観光客の移動経路を個別に閲覧することができるようになりました。さらに、投稿内容を個別に見ることで訪日外国人観光客が日本国内でどのような行動をしているかを詳細に分析できます。

inbound insightは、日々追加機能の開発に取り組んでおります。
一緒に開発してくれるメンバーも募集中です。採用ページにてご応募下さい。

http://inbound.nightley.jp/

inbound insightの記事一覧