ナイトレイ オリックス自動車と業務提携 カーシェアデータ解析に基づく新サービスの企画・提供をサポート


株式会社ナイトレイ(本社:東京都渋谷区、社長:石川豊、以下ナイトレイ)とオリックス自動車株式会社(本社:東京都港区、社長:亀井克信 以下オリックス自動車)は、このたび、カーシェアリング事業におけるお客さまの利便性やサービス向上を目的としたビッグデータ解析について業務提携し、解析結果に基づく新サービスの企画・提供を開始しますのでお知らせします。

日本経済新聞 9月28日 17面(企業2)の記事

オリックス自動車のカーシェアリング事業は、行政監督官庁の指導に則りITの活用(専用車載器の搭載)による故障情報・ガソリン量・位置情報などの車両状況把握を行っています。5分ごとに取得する位置情報ログデータを、ナイトレイの独自技術であるロケーションデータ解析によりカーシェア車両軌跡と人気施設・エリアをマッチングし、法人/個人・性別・年代など属性別の定性データと合わせて分かりやすく分析します。分析結果として得られる属性別の全体傾向をもとに、お客さまの利便性やサービス向上につながる企画や各施設との連携、ステーション開発、車種配備を行ってまいります。

ビッグデータ解析に基づく新サービス企画の第一弾として、2017年10月2日より、ジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、社長:佐藤 俊和)と株式会社アクティビティジャパン(本社:東京都新宿区、社長:小川 雄司)の2社と連携し、オリックスカーシェアの会員さま向けにレジャー施設2,200か所・約1万の体験プランや割引クーポンを2018年3月末まで順次ご提供します。

今回のサービスは、カーシェア利用全体のうち2割が「レジャー施設への移動」であるとの分析結果に基づき実施するものです。オリックスカーシェアは、6時間以上の長時間パックが業界大手で最安値(※)であることが特徴の1つです。当社で展開するレンタカー事業ではレジャー施設への移動手段としてレンタカーを多くご利用いただいています。カーシェアリングとレジャー施設との連携もお客さまへのサービス向上につながると考え、今回の2社との連携に加え、より大きな荷物が積めてレジャーにも適したSUV車を、同日より新たにカーシェア車両に投入します。

オリックス自動車では、自動車リース、レンタカー、カーシェアリング事業を展開しています。カーシェアリングにおいては、2002年に国内初のサービスを横浜市で開始して以降、鉄道会社との連携など国内初となるさまざまな施策を展開しながら市場の開拓とお客さまの利便性向上に取り組んでまいりました。2017年3月末現在、1,531拠点に2,600台の車両を配置し、約17万人の会員の皆さまにご利用いただいています。

ナイトレイは、2011年の創業以来「ロケーションデータ解析で社会をスマートに、人々の生活を豊かに」を企業理念に、訪日外国人動向分析や地方創生支援などの各種分析と分析に基づくサービスを提供してまいりました。2017年7月には、多様なデータから移動者の特徴を判定する位置情報解析技術に関する特許を取得しています。今回のカーシェアビッグデータ解析は、ナイトレイがこれまで蓄積してきたロケーションデータ解析のノウハウや研究成果を最大限活用して実現しました。

オリックス自動車ナイトレイは、今後も両社の強みを生かしながら、お客さまの利便性向上に努めるとともに、多様なニーズにお応えするサービスをご提供してまいります。

■ オリックス自動車・プレスリリース
「カーシェアビッグデータ解析に基づく新サービスの企画・提供を開始
~第一弾としてジョルダン、アクティビティジャパンと連携しレジャー施設1万プランのスマホアプリクーポンをカーシェア会員向けに提供~」
PDF URL
http://www.orix.co.jp/auto/press/pdf/release_170928.pdf

【本件に関するお問い合わせ先】
オリックス株式会社 グループ広報部 
矢崎・橋本 TEL:03-3435-3167

株式会社ナイトレイ コーポレート本部 
神部 TEL:080-9196-7311

inbound insightの記事一覧