ナイトレイとAIチャットコンシェルジュ「Bebot」を提供するビースポークが協業  ホテル・交通業界のインバウンド対策にフォーカスした支援を開始


インバウンド対策総合支援サービス「inbound insight(インバウンドインサイト)」を運営する株式会社ナイトレイ(代表取締役:石川豊、以下ナイトレイ)は、訪日外国人向けAI(人工知能)チャットコンシェルジュ「Bebot(ビーボット)」を運営する株式会社ビースポーク(代表取締役:綱川明美、以下ビースポーク)と協業することで、訪日外国人向けのサービス向上や受入環境整備に課題を持つ民間企業や自治体のインバウンド対策のサポート体制を強化していきます。
協業開始に伴い、2018/4/25(水)に共同セミナーを企画しております。詳細決まり次第アナウンスさせていただきます。

inbound insightとBebot 協業イメージ

■ 対象となる方
ホテル・観光業界・交通業界など、訪日外国人向けのサービス向上や受入環境整備に課題を持つ民間企業や自治体

■ 協業のメリット
両社が連携することで、訪日外国人動向解析による国籍毎の滞在エリア傾向、人気施設、移動実態、消費実績といった現状把握だけでなく、AIチャットコンシェルジュ導入による、多言語対応のハードルを軽減、フロント等の対応時間削減、訪日外国人の満足度向上の実現が期待されます。更に、Bebot導入後には訪日外国人の隠れ不満や潜在ニーズの発見など通常は見えてこないデータの提供も可能にしていきます。

【inbound insightとは】
ナイトレイが運営するロケーションデータを軸にインバウンド対策の課題を解決することを目的にしたインバウンド対策総合支援サービスです。観光動態調査サービス、オープンデータ分析効率化サービス、インバウンドソリューション提案サービスを組み合わせることで、最適なインバウンド対策をご提案します。
http://inbound.nightley.jp/

【Bebotとは】
「Bebot(ビーボット)」は、訪日外国人向けのスマートフォン用「AI(人工知能)コンシェルジュ」です。
宿泊施設や商業施設のスタッフに代わり、AI(人工知能)を使い、英語や中国語で24時間365日各種問い合わせに対応します。
利用者は、自身のスマートフォンのブラウザ画面を通じて「Bebot」を利用することができ、導入施設は、現場の負担を軽減するだけでなく、「Bebot」チャット内で利用者に口コミ投稿を依頼することもでき、施設利用者の満足度を飛躍的に向上させます。
「Bebot」の導入にかかる期間は数日程度、施設ごとにカスタマイズが可能です。現在、国内外の宿泊施設、空港、駅、レンタカーショップへ導入されています。

<参考>
https://youtu.be/E7Jdj7ZhjDs

■ 「Bebot」導入によるメリット
– 単純な問い合わせ対応自動化による、窓口業務の軽減
– 言語が通じないことで発生するご意見の激減
– 施設単位のカスタマイズにより、利用客の細かいニーズへの対応
– チャットで旅行者自身が飲食店予約を行うことによる無断キャンセルの回避
– チャットによる手厚いサポートにより、利用者の満足度向上&口コミ投稿率上昇

■ 「Bebot」導入実績
東京駅、成田国際空港、ソフィテルホテル、ホリデイ・イン、グランベルホテル、アラマンダ青山、蔦温泉ほか多数、国内外の宿泊施設やタイムズレンタカー等でご利用いただいています。

—————————————————

ナイトレイは今後も、国内の地域経済活性化を実現するために、インバウンド対策総合支援サービス「inbound insight」に活用される、独自のロケーション解析技術の開発と、優れたサービスを提供する他社との協業を進めてまいります。

訪日外国人向けサービス拡充に課題をお持ちの企業様はもちろん、インバウンド対策に関わることで、
具体的にお困りのことやご相談などがありましたら、お気軽にご連絡ください。

【ナイトレイ 会社概要】
社名:株式会社ナイトレイ
所在地:東京都渋谷区
代表取締役:石川 豊
事業内容:ロケーションデータ解析及びコンサルティング業務
コーポレートサイト:http://nightley.jp/

【ビースポーク 会社概要】
社名:株式会社ビースポーク
所在地:東京都渋谷区
代表取締役:綱川明美
事業内容:インバウンド向けAIソリューション
コーポレートサイト:http://www.bebot.io/hotels 

—————————————————
本件に関するお問い合わせ先
株式会社ナイトレイ
セールス&マーケティング
Mail:info[at]nightley.jp

inbound insightの記事一覧