ビッグデータで振り返る2015年のハロウィーンと2016年の動向の大胆予想〜オプトデータサイエンスラボとナイトレイが共同分析


11月になり、街ではクリスマスの装いが見られるようになりましたが、テレビでも紹介されたハロウィーンの盛り上がりはまだ記憶に新しいですね。そんな日本各地でのハロウィーンの盛り上がりについて、オプトデータサイエンスラボとナイトレイにて企業間を越えてデータの掛け合わせによって新しい知見を得る試みとして共同の分析記事を公開しました。

分析記事ではソーシャルメディアのデータを通して見える2015年のハロウィーンの実態と2016年に向けた動向を予想しています。
分析ではホットリンクの「クチコミ@係長」とナイトレイの「ロケーション解析データ」「inbound insight(訪日外国人の観光行動分析ツール)」を使って2015年のハロウィーンの振り返りと2016年の予想について分析を行いました。
詳細な分析事例はオプトデータサイエンスラボのサイトにて公開しておりますが、こちらではナイトレイのデータを使った分析を3つピックアップして紹介します。

その他の分析や記事の詳細はオプトデータサイエンスラボのページにてご覧いただけます。

ビッグデータで振り返る2015年のハロウィーンと2016年の動向の大胆予想
https://datasciencelab.jp/blog/192

logo_opt_nightley

日本各地での盛り上がりの比較(2014年 v.s. 2015年)

ハロウィーンに関連するSNS(Twitter)での投稿数を盛り上がりと考えて、<次に地図を通して”ハロウィーン”の盛り上がりについて見ていきます。2014年と2015年の盛り上がりを比較したものですが、局所的ではなく日本全国でハロウィーンが盛り上がっていることが分かります。

地図を通して”ハロウィーン”の盛り上がり(投稿数)について見ていきます。2014年と2015年を比較したところ、局所的ではなく日本全国でハロウィーンが盛り上がっていることが分かります。

東京都心部での盛り上がりの比較(2014年 v.s. 2015年)

全国での盛り上がりがあるとはいえ都心部を拡大すると新宿、秋葉原、六本木、池袋、特に渋谷周辺が一番盛り上がっていることが確認できました

全国での盛り上がりがあるとはいえ、都心部では宿、秋葉原、六本木、池袋、特に渋谷周辺が一番盛り上がっていることが確認できました。

インバウンド観光客のハロウィーン

訪日外国人観光客も渋谷や新宿などでハロウィーンの仮装を楽しむ様子が見られました。

訪日外国人観光客も渋谷や新宿などでハロウィーンの仮装を楽しむ様子が見られました。

2015年までのハロウィーンの振り返りや、2016年の予想について詳細に書かれた分析記事の続きはオプトデータサイエンスラボのページにてご覧いただけます。

ビッグデータで振り返る2015年のハロウィーンと2016年の動向の大胆予想
https://datasciencelab.jp/blog/192

オプトデータサイエンスラボについて

オプトデータサイエンスラボは、インターネットのマーケティング支援企業であるオプトホールディングが運営している、研究開発、データ分析サービス、データ分析によるビジネス開発を行っている専門組織です。

関連リンク

オプトデータサイエンスラボ
https://datasciencelab.jp