「SNS解析レポート」訪日外国人の行動解析をしてみたらこうだった ~国内イベント動向編~


訪日外国人動向解析ツール「inbound insight(インバウンドインサイト)」を使った、「SNS解析 訪日外国人の行動を解析したらこうだった」の解析データ活用事例第14弾をご紹介します。

イベントのイメージ

【目次】

1.はじめに
2.イベントに参加した訪日外国人が注目したもの
2-1 プロ野球観戦をする訪日外国人のSNS投稿内容
2-2 幕張メッセ開催イベントに参加した訪日外国人のSNS投稿内容
2-3 日本武道館開催イベントに参加した訪日外国人のSNS投稿内容
2-4 フジロックフェスティバルに参加した訪日外国人のSNS投稿内容
3.イベントに参加した訪日外国人の周遊動向について
4.まとめ

1.はじめに

日本政府観光局(JNTO)の発表によると、2017年11月までの訪日外国人観光客数は2616万9000人を記録し、昨年の同期と比べると19%以上増加しました。

このように訪日外国人観光客数が増加するとともに、旅行目的は多種多様になってきています。特に最近見られる傾向として、市内観光や買物、日本文化の体験だけでなく、新たな体験型消費も生まれてきています。
その一つの例として、国内各地で開催されるイベントに関心を持つ訪日外国人が増えてきているようです。

当社が今年11月に公開した「2017年度上半期(4月-9月)訪日外国人 人気スポットランキングレポート」におけるイベントカテゴリーに注目すると、東京ドーム、幕張メッセ、日本武道館、フジロックフェスティバルなどのイベントエリアが訪日外国人の関心を多く集めているようです。
レポートの詳細については以下のURLよりご確認ください。
【詳細記事】http://nightley.jp/archives/8971

今回のレポートでは、ナイトレイが提供する訪日外国人動向解析ツール「inbound insight」のSNS解析プランを活用し、国内で開催されたイベントに参加した訪日外国人が何のイベントに参加し、どういった周遊ルートで旅行をしているか実態を明らかにします。

2.イベントに参加した訪日外国人が注目したもの

2-1 プロ野球観戦をする訪日外国人のSNS投稿内容

プロ野球イベントの観戦に来たアメリカ人の投稿(東京ドーム)

近年、新しいプロ野球のファン層を増やしていくために訪日外国人が注目されています。
こちらのアメリカ人旅行者は旅行中に東京ドームでプロ野球の試合を観戦していたようです。
野球がメジャースポーツとして認知されているアメリカや台湾、韓国からの訪日外国人はもちろんのこと、観戦に来ている訪日外国人の国籍を把握することで、ターゲティングするべき市場開拓に繋げることが期待できます。

2-2 幕張メッセ開催イベントに参加した訪日外国人のSNS投稿内容

こちらは幕張メッセで開催されたSummer Sonicに関するSNS投稿です。
コンサートチケット等の提供を行う株式会社イープラスでは、昨年から訪日外国人向けにSummer Sonicのチケット販売を開始しており、海外からの参加者の投稿が見受けられます。海外でのチケット販売を進めることで、新たな顧客獲得に期待できます。

ライブコンサートに参加したアメリカ人と中国人観光客の投稿(幕張メッセ)

2-3 日本武道館開催イベントに参加した訪日外国人のSNS投稿内容

ライブコンサートに参加した韓国人観光客の投稿(日本武道館)

こちらは日本武道館で投稿されたSNS投稿です。コンサート目的で東京にきたというクチコミ内容から、有名アーティストが出演するコンサートを開催することで、実際に訪日外国人のイベント来場者を誘致できています。
また、実際にイベント会場内で何をしているか把握することは難しいですが、SNSの投稿内容から会場内での動向を把握することができます。

2-4 フジロックフェスティバルに参加した訪日外国人のSNS投稿内容

今年で20年目を迎えた新潟県湯沢町の苗場スキー場で開催されたフジロックフェスティバルでも訪日外国人によるSNS投稿が見られます。
フジロックフェスティバルでは、複数のステージでロックに限らず幅広いジャンルのアーティストによる演奏が同時進行で行われており、自然と音楽イベントが一体となったスタイルが訪日外国人の心を掴んでいるようです。毎年リピーターの訪日外国人が存在するのもこちらのイベントの特徴と言えます。
特に、地方活性化事業の一つとして、地方自治体などはイベントの誘致をすることで、観光客による自治体内での消費を活発化などが期待できそうです。

フジロックフェスティバルに参加したフィリピン人とオーストラリア人の投稿

3.イベントに参加した訪日外国人の周遊動向について

イベントに参加した訪日外国人の周遊に目を向けると、イベントを目的とした旅行日程を組んでいる訪日外国人も見られます。
例として、今年7月22日〜7月30日の期間で日本に滞在した以下の韓国人観光客の周遊に注目すると、福岡で入国後、市内にある海の中道海浜公園で開催された野外フェスティバルに参加したようです。その後、富士急ハイランドで開催された屋内ライブイベントに参加したあと、福岡へは戻らずに、羽田空港から帰国しています。
このように旅行の目的に合わせたフレキシブルな旅行計画を設計する個人旅行者も見受けられます。

ライブイベントに参加した韓国人観光客の周遊

4.まとめ

1. プロ野球観戦をしている訪日外国人もいることから、スポーツ観戦も新たなインバウンド観光のコンテンツとなりうる。
2.来場した訪日外国人の国籍を把握することで、今後販促を強化すべきターゲティングが明確になる。
3.地方で大規模なイベントを誘致することで、地域活性化にも貢献が期待できる。
4.イベントに参加する訪日外国人は、出入国空港を変えるなどして、効率的に周遊する人もいる。

このように、「inbound insight」のSNS解析プランでは、特定期間のSNS投稿を解析することにより、訪日外国人がどのようなことに関心を抱きそうかを予測することが可能です。

ナイトレイは今後もみなさまのインバウンド対策の戦略的立案に貢献するべく「inbound insight」に連携した新しいサービス及び機能の開発を進め、サービスの機能を活用した独自の視点のレポートをお届けしております。

最新情報は、当社のニュース記事や「inbound insight」のメールマガジンにてお知らせしますのでご期待ください。

——————————
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ナイトレイ
Mail:info [at]nightley.jp

訪日外国人行動解析レポートの記事一覧