地域の課題分析が簡単に! 政策策定・自治体営業を支援するデータプラットフォーム 「LOCAL INSIGHT」を提供開始


「ロケーションデータとテクノロジーの力で世界中に驚きを届ける」をビジョンに掲げ、一貫してロケーションデータの事業を展開する株式会社ナイトレイ(代表取締役:石川豊、以下ナイトレイ)は、地域の課題解決に必要な、多分野のビッグデータをワンストップで簡単に収集・分析できるクラウドサービス「LOCAL INSIGHT(ローカルインサイト)」の提供を開始します。

■データ利活用が地域課題解決の鍵
地域を統括する自治体や民間企業は、様々な課題を抱えています。少子高齢化、人口減少など、サービスに求めるニーズは今後も多様化・複雑化することが予想されます。

政府はそれらの地域課題の解決に対し、自治体のデータ利活用の推進、活用人材の育成、補填を急務としています。近年注目を集めているEBPM (根拠に基づく政策立案)や、GovTech(ガブテック) (政府:Government)×(テクノロジー:Technology)の導入は、その具体例として度々取りあげられます。

■データ利活用の「難しい」「時間がない」を解消
LOCAL INSIGHTを導入することで、自治体やそれを支援するコンサルティング会社等が、価値あるデータを誰でも簡単にスピーディに分析できるようになり、データを元に様々な地域課題を解決に導くことができます。

■LOCAL INSIGHTの特徴
【地域の膨大なビッグデータを簡単に収集できる】
官公庁・自治体が発行するビッグデータや民間企業が保有しているビッグデータは無数にあり、多様な機関のホームページに点在しています。
LOCAL INSIGHTは、観光、医療、介護・福祉、産業、雇用、インフラ、教育・子育て、防犯・防災等の地域に関連する様々な領域、機関のビッグデータを一つに整理・集約しているため、欲しいデータに簡単にアクセス可能です。データは随時拡大中。

【データ分析が簡単で、課題をすぐに抽出できる】
官公庁や自治体、民間企業のビッグデータを簡単に検索・分析でき、地域の課題を多面的に分析できます。具体的には他地域比較や時系列比較、クロス分析等も手軽に実現できます。
地域の長所や課題を素早く把握することができるため、政策策定業務や自治体営業を効率化・高度化できます。

【収集から資料作成までワンストップでできる】
多様な機関のホームページに点在し、フォーマットがバラバラのデータを、一つの画面で検索・分析。気に入ったデータはExcelやPower pointですぐにダウンロードできるため、資料作成における単純業務を効率化し、より付加価値の高い政策立案や提案業務に注力することができます。

【地域課題の解決につながる新機能を随時追加】
政策策定業務を高度化する機能や、より単純作業を効率化できる機能など、目的に合わせた多様な機能を随時追加していきます。

●機能例
・企業が保有するビッグデータの拡充
SNS解析データやアプリのGPSデータ等の企業が保有しているビッグデータを簡単にグラフや地図で精緻に分析ができます。(公開されている基地局ローミングデータやクレジットカード決済データは既に収録済み)

・自治体政策・予算検索
自治体の政策をキーワード検索でき、分野ごとの予算の金額を検索できる機能。先進事例や世の中のトレンド、他地域の注力分野などの把握ができます。

・地域検索
様々な条件で地域を絞り込むことができる機能。比較対象とする地域の選定や、条件に合致する地域のリスト化ができます。

■全ての機能が使える無料トライアルを実施中
LOCAL INSIGHTは現在無料トライアルを実施しています。
以下のURLよりお申し込み頂いた後アカウントの発行をいたします。
サービスページ:https://www.localinsight.jp
利用期間:アカウント発行から7日間

■会社概要
社名:株式会社ナイトレイ
所在地:東京都渋谷区
代表取締役:石川 豊
事業内容:「LOCAL INSIGHT」の開発・運営業務、インバウンド対策総合支援「inbound insight」の開発・運営業務
LOCAL INSIGHTサービスページ:https://www.localinsight.jp
コーポレートサイト:https://nightley.jp/

—————————————————

本件に関するお問い合わせ先
株式会社ナイトレイ
Mail:info@nightley.jp


;